2020年02月27日

大阪府民として

北海道でのコロナウィルス感染者増。
鈴木知事は、小中学校の休校の判断をされた。
さらっとニュースの表層を見れば、
日本国内では最も北海道が深刻で危ないということだろう。

私はそうは思わない。

大阪府!今私が住んでる大阪府…!
ちゃんと検査してる?
ちゃんと検査して、正しい感染者数が出れば
大阪府だって休校措置が取られる。
まだ感染者数が1なので、続いていく
「見かけ上平和な日常」
…耐えられない。

今日のニュース、大阪府で再陽性がでた女性の方。
この方は、一度回復されたあと
のどの違和感と胸の痛みを感じ、
昨日、再陽性が確認されるまで3回も受診しなければいけなかった。

この人の行動履歴しかわからないが、
自分が元陽性であったことを、かくしていたとは思えないのだが。
自分が元陽性であったから、体調不良になってから
責任感も伴ってクリニックを転々として訴え、ようやく検査にこぎつけたのではないか。

今週、検査難民という言葉が生まれた。
医師が検査が必要と判断した人が、検査に至らない。
との医師の告発。
これは、医療ではない。
私の目に、病院は、病院と書いてある建物にしか見えなくなった。

今まで、政治不信はあっても、医療不信はなかった。
むしろ、薬のもったいない処方(風邪薬だけでなく、ビタミン剤、整腸剤、座薬…)
について、どうなんかなぁ?と思っていたところだ。
それが、今回の手のひら返し。

「持病をもつ方や高齢者でなければ重症化しない」
「致死率は、年齢が高いほど高い(80代では14.8%)」
「37.5度の発熱が4日以上続くようなら、相談センターにご相談ください
(その時点で相談して、病院をたらい回しにされてやっと検査に至るなら、陽性確定の時点で
かなりダメージを負っているはず)」
との連日の報道。

日本に80代の高齢者は多い。
その高齢の方たちが家でじっと耐えて、やっと電話し、
タクシーを呼んで病院に行き、検査を断られ、自宅に帰り、
また別の病院に行き…
適切な手当てが与えられずに
自宅で、または移動中に、ばたっと亡くなられる方、増えるのではないか?

また、別のニュースでは
小学生の息子さんを抱えたお母さんが、
息子さんの高熱が10日間、肺炎症状があっても検査が受けられないと嘆く。

このニュースを見て、
もっと数週間前、コロナが他国の、他人事であったことのニュースを思い出したのだ。

「武漢では、中国では、今パニックになっています」
「監視カメラに写っている女性が、ツバを吐きかけました」
「これは…どういうことでしょうね?」

この女性の目的は、何なのだろう?と私も思って
この動画だけでは、本当の心のうちはわからないのだが

ツバを吐きかけたくなる気持ちには、今週ストンと腑におちてしまった。

私が、肺炎症状の子どもを抱えて病院を転々とし
検査拒否を繰り返されたら、衝動的に
「ここでツバ吐いて帰れ!」と子どもに命令しかねない。

検査してほしい。
大阪府の検査数、2月23日、13人、2月24日、3人、2月25日、11人。
そうなんだね。肺炎症状の患者さん、一日にもっと来るはずよね。
じゃあ肺炎に至っても、検査は受けられないんだね。
検査できないなら、検査キットが足りない窮状を訴えてほしい。

私は年末まで大阪の日本橋に勤務していたよ。
中国人観光客をかきわけるように、かきわけるようにして職場まで歩いた。
本当にあそこは観光客が多いの。
あのあたりだったり、空港は、スポットで調査してほしい!

私は、今在宅に切り替えてもらい、通勤免れてる。
でも、大切な同僚は、日本橋に勤務して、今も働いて、
そこから業務連絡をくれる。
このウィルスは付着力が高く、金属だったら10日以上付着しているとか。

だったら、調べてよっ…!

ちゃんと調べないと、何も分からないよ。

大阪と関係ない話だけど
マスコミで、韓国より日本のほうが検査数が少ない、という事を報じるとき、
棒グラフの大きさを同じにするの、止めてほしい。
韓国の検査数の日報と、国内の検査数の日報を出すとき、
なんで10倍以上数字違っているのに、棒グラフの大きさはだいたい同じにして
横に数字かくの?
視覚的にごまかすの、やめて。

見かけ上平和な日常をやめるところから、効果的な対策は始まると思うんだ。


続きを読む
posted by ひふみ at 13:40| Comment(0) | 日記

2020年02月25日

泣きながら書いた手紙(先生宛)

先生

いつもお世話になります。
娘(息子)についてですが、しばらく学校を休ませます。

先月、武漢での新型コロナウィルスに関する報道が始まってから
ずっと経過を注視してきました。
先週になって、私の中で悲観的な見方、警戒感がぐっと強くなり、
「平和な日常」のふりをするのが難しくなりました。

コロナウィルスも怖いですが、何より悲しいのは
真剣に人命に向き合わない政府の方針です、
他国と比べて検査のハードルを著しく上げているために、
検査数が少なく、結果的に公表される感染者数が抑えられています。
怒りで胸がいっぱいです。

学校を休ませて、その分自宅学習で補えるなどとは思えません。
娘(息子)の学習は遅れます。
娘から学ぶ権利を強制的に奪います。
先週からこの件(学校の自主休校)について私と夫が話をするので、
そのたびに娘は泣いています。

でも、非常時は非常時として行動したいんです。

学校は、両親の労働の受け皿としての「託児所」では無いですよね。
「子どもを育む」ことが目的です。
だったら何故、他国を見習って休校措置を取らない?

今の日本が2か月前の武漢と酷似しているため
明るい未来が描けません。
登校時に着用させていたマスクも、もうすぐ切れます。
学校お休みします。ご理解ください。


posted by ひふみ at 01:52| Comment(0) | 日記

2020年02月24日

明日から学校休ませる

こんにちは

コロナ怖い。明日から学校休ませます。

もう先週月曜からずっと考えてた事だった。

学校を楽しみにしている息子と娘、行きたくない、と、ごねたこともない。
2人とも入学時は学年に同じ幼稚園の子はいなくて
そんななかでも、明るい持ち味を発揮しながら
友達や先生との関係をつくって、楽しく過ごせてる今がある。
明日の参観と懇談を楽しみに楽しみにしていた娘は涙目である。

でも、一方的に強権発動することに決めた。

ものごとには、天秤にかけてはいけない決断があると思う。

たとえば、
幼稚園のお遊戯会の前日にインフルエンザ陽性反応が出たら
親として、迷わず欠席させるべき、とか。
どんなに自分が必要とされている、自分が抜けることで多大な人に影響を及ぼしてしまう
仕事を抱えた大切な日でも
子どもに熱が出たら、保育園に預けてはいけない、とか。


自主休校に踏み切る
理由は3つある。

@コロナウィルスが怖い、未知

コロナウィルスについて、ウィルスについて
私は何も知らない。なので
コロナウィルスが「どう」危険なのかは述べられない。

が、コロナウィルスについての情報は次々と下方修正される。
これが怖い。

例えばWHO

1月23日、WHOは新型コロナウィルスについて
緊急事態宣言を「見送り」
でも、1月31日に緊急事態宣言。

例えば、Youtube告発動画の岩田教授

告発動画の内容(グリーンゾーンとレッドゾーンが明確に分離できておらず危険)は
本当にその通りであると思うが
彼の数週間前の発言は国内感染については楽観的で
新型コロナウィルスについて「健常な人はマスクは不要」。

2月9日のTVタックル。
クルーズ船告発の岩田教授も
病院からの圧力訴えてツイート注目されてる久住医師(ツイート画像は、この記事の最後のほうに貼ってます)も
国内流行について楽観的なご発言なのでぜひ見てください。

専門家を信用していないのではなく、貶めたいのでもなく
専門家の予測をも翻弄するウィルスだということだ。

下方修正されつづける情報について、最新の情報をあてにできるわけもない。
死者は増え続け、感染者は広がりつづける。
潜伏期間は最長24日という事例も出てきている。
14日ではなかったのか。
20022415潜伏24日.jpg

新型コロナウィルスは、未知である。


A発表される数への不信感

大阪府の感染者数は依然として1のままである。
そう発表されているのだから、それを信じるべきなのだろう。
でも、私自身がつい最近まで大阪市内、日本橋に勤務しており、中国人観光客をかき分けるようにかき分けるように、駅から
会社まで歩いていた経験から
この数字を素直に受け取ることができない。
はじめに観光バス運転手の感染が報道されたとき、私の中で一気に警戒感は高まった。
地下鉄日本橋駅から勤務地までの堺筋は、大型観光バスが何台も停車し、そこでツアーのお客さんたちが
大量に乗り降りしていたからだ。
今そこに行かないのでわからないが、
コロナ以前、堺筋をすれ違う人の、3分の2程は海外の観光客であったように思う。

そして

・厚生労働省が発表する「コロナ受診の目安」が、あまりにも過酷な事(熱が4日以上)
・他国と比べて1日の検査数が著しく低い事、
・実際に「検査してもらえない」と発信している方たちのツイート
・医師が実名で告発している状況

など、日々目にする、現実とは思えない情報の数々が
この「大阪府内感染者数いまだ1」への不信感を、さらに加速させている。


B武漢<日本 という多くの人の認識

TVのコメンテーターや、専門家の言う
「ウィルスが入ってきたとしてもや
医療の充実ぶりや公衆衛生の観点から
日本は武漢ほどにはならない、という主張や認識」は
本当なのだろうか?
政治家だけでなく、国民の多くが

中国<日本、武漢<日本

という認識だから
明らかに非常事態なのに、日常が続いているのではないか?
相変わらずのコンサート
相変わらずのスポーツ観戦
横浜マリノスとガンバ大阪が…とか。どうでもいい。リモコンをTVに投げつけたい衝動に駆られる。

私が中国に行ったのは家族旅行した20年前一度きりで
それ以降の中国のことはよく知らない。
けれど、中国の発展は年々肌で感じているし、もう技術面でも色んな面でも
「追い越されている」分野のほうが多いのでは?と感じている。

たとえば、私事だが

仕事で今自宅用3Dプリンターの購入を検討しているが
コスパの良いプリンターは中国製が多い。
アメリカ製、日本製、にももちろん高性能なプリンターはあるが、高く
購入検討中のものは全て中国製である事。

とか

自分がこのファッションブランドおしゃれだな!と思うものが中国のメーカーである事、とか。

私は、「職人でいつづけたい」と願う人間なので
ものづくりのいろんな分野で

・ずっと昔は単純労働、単純作業を中国にお願いしていたのが、
・次第に少し複雑な作業、もっと複座な作業も中国で仕上げられるようになり、
・さらには「センス・感性」も追いつかれ、追い越され…

という状況が進んでいるのでは?と感じていたところである。

医療や公衆衛生のことは知らないが、私の中では
中国<日本
という認識では無いため、
武漢の惨状を知りながら平静を保てる人、
武漢が対処でききれなかった問題を
日本は対処できると考える人の気持ちはわからない。

今も中国での感染者数、死者数は止まることがなく
今日の発表では新たに150名が亡くなられ、中国国内の死者数は
2592人になったということだ。

これが2か月、3か月後の日本の未来だと思う私は
異常だろうか。


以上、@AB3つが今回この決断に至る理由である。


また、
休校を視野にいれる→休校を本気で検討する→休校に踏み切る決断
に至るまでをに収集した情報を、整理のためにつづっておきたい。

C検査体制への不信
こんな症状なのに検査が受けられない、と訴える人たちのツイート

2002241229.jpg


2002241231.jpg

2002241233emi.jpg

2002241235eiko.jpg


D医師のツイート

2002241238実名医師.jpg



E大阪府の検査数の記事

2002241242osaka_1.jpg


2002241242osaka_2.jpg

2002241242osaka_3.jpg



F死亡者数、重症者数の増加

2月14日、神奈川県80代の女性が亡くなられる(クルーズ船と無関係)
2月20日、80代の男性、80代の女性が亡くなられる(クルーズ船乗客)
2月21日、北海道で小学生2人、埼玉で未就学児1人の感染
2月23日、80代の男性が亡くなられる(クルーズ船乗客)
2月23日、北海道の20代女性が重篤、熊本県の20代女性が重症

たくさん報道はあるが、主に上5つの報道で一気に自分の危機感が高まった。


G勇気ある他人の決断

2月中旬ころから「コロナで自主休校させている親」の存在を知る。
2月17日、東京マラソン中止の報道
2月21日、サンリオピューロランド休業の報道

誰もしていない事をするのは、本当に勇気が要る事と思う。

東京マラソンが予定通り実施されていたら、
他のマラソンも、夫が出場予定だった寝屋川マラソンも実施されていたのではないだろうか。
妻として決断に感謝したい。


以上CDEFGが私が収集した情報である。
「自主休校させる」のは、気分や感情だけでできるものではなく、
私は、たくさんの情報を見て検証して、この結論を出した。


この事(自主休校どう思う?と)を夫に話したら
「じゃあ俺は毎日通勤して汚染されてるんだから隔離すればいい」と言われた。
すべき仕事を抱えてリスクを背負っている人に対して、
私の主張が不快に思うのはもっともな事と思う。
でも、私は、私だけ、自分たちだけ助かりたいと
思っている訳ではない。

私だって、「私でなければいけない」仕事、使命感をもって取り組める仕事をしたいと思っているよ。
でも生んだ子を育てることに対する責任があるから
いつ欠勤しても困らせないチョイ仕事(雑用)、自宅でする仕事、夫の休日にできる仕事
の範囲で、仕事をしてきた。

学校は両親の労働の受け皿としての「託児所」では無い!というのが私の考えだ。

「子どもを育む」ことが目的だ。

外が危険な状況でも、だれか大人が狩りに行って獲物を捕り、
家族を養わなければいけないのはいつの時代も変わらない。
今、国内に未知のウィルスが蔓延していても
誰かが米を収穫しないといけない。誰かが魚を捕りにいかないといけない。
誰かが他人の体を治してあげないといけない。
非常時でも、止められない仕事は無数にあるし、
私にとって、これらの仕事に従事されている方は尊敬の対象である。

だれかは外に出ないといけない。
でも、今、子どもが外に出ないといけないのか?
不要不急なことは不要不急と割り切らないといけない。
リモートワークを進めたり、
営業休止という判断をされた企業もある(サンリオピューロランド)。
サンリオピューロランドは22日から場内での収入がゼロである。
利益を確保する使命も背負っているなかでの、経営者のこの決断には涙が出る。

誰だって、決断するとき、苦しむ。

中国人の渡航制限を決めた国も、一定の中国依存はあったはずだ。
国内の休校を決めた国も、それによって仕事ができなくなる親、
社員を失ってる企業から批判を浴びているはずだ。

今回の日本政府の対応には本当に失望した。
反安倍を長々と展開したい訳ではないよ。打倒安倍のあとに推したい政党は残念ながら無い。
頑張ってきてくれた姿だって知ってる。
国会で、品のない挑発を数多く受け止めてきたことも。

日本のお父ちゃんの目は白くなった。
だからもう目の前の事は自分たちで決断していかないといけない、当面は。
次の信頼できるリーダーが出てきてくれるまでは。

























posted by ひふみ at 11:11| Comment(0) | 日記