2020年07月12日

モデリング完了〜飛影と躯

こんにちは

5月からダラダラとモデリングしていた飛影と躯(幽遊白書より)

とくに仕事でもなく、
ワンフェスなどのイベントに出せる訳でもない(ジャンプ系は版権が降りないという…)
自分で立体化して、自分の部屋に飾るためだけに頑張った3Dデータ
いったん完了しました〜

hm.jpg


mukuro.jpg

hiei.jpg

飛影は何体かフィギュアとして商品化されているけど
雷禅、躯、黄泉、とか、仙水、て、フィギュアとして商品化されてないのかなぁ?探しても見つからない。
需要あるんでは?と思うけど…。

深夜に、幽白のサウンドトラックをYoutube(勝手にミックスリスト提案してくれる)で聴きながら
思い出に耽りながらモデリングする時間…至福の時間でした。

アニメ化って、やっぱり、良いですよね。

キャラクターに、声が加わって、動きが加わって、色が加わって、
OP曲とED曲が用意されて。
戦闘シーン、感傷シーン、ほのぼのシーン、それぞれ素敵なBGM用意されて。

原作のコミックを読み込むと、
アニメにツッコミたくなる箇所も、後々から色々と出てくるけど
自分がその作品を知るきっかけ、原作を読むきっかけになったのは
アニメのおかげなんだよなぁ…。
アニメがなくて、その作品に出合う事は無かった訳だし…。

その…作業中聴いている曲(Youtube内)に
英語など外国語のコメントがたっくさんついているのとか見ると
アニメが果たしてる役割ってほんとすごいなぁ!
としみじみ思います。
と同時に、あぁ…!そこは…そこの疑問は…!翻訳が手に入ったらコミック読んで!
と思っちゃう部分も出てくるんだけど…。


ここから先は
出力できるよう、データを分割して、エラーを直して、
3Dプリントして、
表面処理して…
という苦痛作業だぁ…。

でも、飛影と躯のためなら頑張れる気がする!

仕事が減って、空白の時間ができた数カ月でしたが
「推し」をモデリングするのって、ほんと楽しいなぁ
と、のびのびモデリングしていた数カ月でした。








posted by ひふみ at 01:11| Comment(0) | 日記

2020年07月06日

愚痴

こんにちは

愚痴です。





みんなどうしているのかなぁ…(溜息)?誰か語り合いたい。

友達同士とかで、
ハンドメイドの…おいしいお菓子や
手芸品をもらったりすることがあるじゃないですか。
すごく美味しいクッキーとか、自分のためのポーチとか、子どものためのマスクとか
器用な人は綺麗にセンスよく作ってくれる。

それで
私は、手芸は、好きだけどそんなに得意ではないし(糸の始末下手!)ミシンも苦手だし、
料理も苦手だし
ちょっとしたものをね
3Dプリンターでさくっと印刷して
お返ししたいなぁとか思うわけです。

ちょっとしたもの。
そんなにスペースを取らない、マグネットとか、ブローチとか
そういうものを、かわいく仕上げてあげたら、喜んでもらえるかなぁ…とか。
相手が好きな花とか、あの人パンジーが好きって言ってたな、とか
お子さんだったら、あの子はカエルが好きだったな〜とか

データ作るのはそんなに難しくない。
3D出力も今は自宅でできる。

でも、積層痕、積層痕が…
いかにも残念な感じで、そのままプレゼントするにはどうにも気が引けるので
一生けん命ヤスリかけたり、サーフェイサー吹いたり、でまた、ヤスリかけたりするんだけど
それが
すんごい労力でね。

気持ち折れるわぁ…。


どうして、商品として出回っているモノたちは、
雑貨にしろアクセサリにしろ、こんなに表面が綺麗なのか??
この出回っている雑貨たちにくらべると
自分が表面処理した3Dプリント物はどうにも、どうしたって見劣りする。

その何十分の一の時間と手間で手縫いした
ランチョンマットとか、コースターとか、きんちゃく袋の方が
よっぽどプレゼントとして映えて見える。


ぐすん…。


3Dプリントしたものがそのまま商品レベルのものになる。
これが自分の目標なのですが
簡単そうで、すごく難しくて、なんだかずっとずっと何年も
同じ所で唸っている気がします。


これまで試したもの


@ヤスリ+サーエフィサー

やはりこれが一番鉄板か?結局はいつもココに戻る感じ…
でも匂いの関係で家族からの評判(だぶんご近所からも)悪し。

Aヤスリ+ハケつき瞬間接着剤(タミヤ)+アルテコのスプレー

小さいものを表面処理するときは、割と好きな表面処理の仕方だけど
だんだん瞬間接着剤のハケが固くなってくる…(アルテコのスプレーしたあと、すぐ重ね塗りしてしまうため)

BXTC-3D

海外ので、買うの躊躇したけど、色々動画投稿している人がいて
フラッシュフォージからも販売されているので、試しに買ってみる。
Aに比べて、表面のコーティング剤が固まるのに時間がかかるのがなぁ…私せっかちなので
まだ柔らかい段階でつい触ってしまったりしちゃう。
@の、サーフェイサーより、粘度があって
硬化後もちゃんと積層はしっかり埋めてくれる感じはするけど、透明なので隠ぺい力がなく
どれくらいちゃんと積層痕を埋められているのか、塗った段階ではよく分からないんだな…。


試してないけど興味あるもの

Cpolysmoothフィラメント+polysher

これも海外だと色々動画あるなー。
機械に入れて、積層痕とれたら、楽ですよね。
知り合いにpolysher持ってるひといるから、試させてもらおうかなぁ…

でも、ヌルヌルツヤツヤした感じの表面
になっちゃうのがなー…ポーセレンアートみたいな
イメージのものにはいいんだろうけど…。

D光造形プリンター「NOVA3D」で出力する

表面はぜったいこっちの方が綺麗になる。
でも、光造形の出力品て、もろくないか?ちょっと落下させたら「パリン」…
マグネットとか、ブローチとかにはできない印象だ。


ぐるぐるぐるぐる@〜Dやそれ以外を考えて、
結局どれもちゃんと極めていないため、
表面処理は数年前から全く上達していない感じ…
出力品を、複製して、レジンに置き換えたら、磨きやすい、などと
アドバイスもされるけど
複製してレジンに置き換え、て、それもすごくしんどいじゃないですか…。

それに、3Dプリント品を、「原型」用途のみで使うのって
3Dプリントのメリット(サイズ変更簡単、好きな数だけプリントできる)を
活かしきれてない気がするんですよね…。

ワンフェスなどイベントでは
クホリアなど高精度のプリンター出力した物を、そのままキットとして販売されてる方もいます。
でもそれは、
購入する人が表面処理できることが前提になってるわけで…。


ちょっとしたものをさくっとプリントして友達にプレゼントしたい!!
ていう、ささやかな望みが!!
何年たっても!!
全然叶えられずにいるんですよねー…


以上 愚痴おわり。
















posted by ひふみ at 16:47| Comment(0) | 日記

2020年06月29日

夏休み講座は、中止ではなく8/22に延期決定(^o^)☆彡

こんにちは

以前案内していた
3DBuilderでアイスクリームのデータを作ろうの講座は、

8/22(土)に延期して、
パソコン教室「市民IT講座 阪急富田駅前教室さま」にて開催できることになりました。

訂正したチラシここに貼っておきます
↓↓↓

阪急富田0822チラシ.jpg


色々と情報が二転三転してごめんなさい!

興味のある方は、
市外からでも、府外からでも、
また大人でも、お越しいただけますので
お気軽にお問合せください。

お問合せは教室のページまで




Windows10であれば、無料でインストール可能なこの「3DBuilder」ですが、
その魅力は、なんといっても
できる操作が基本的なことに集約されていて、
画面がスッキリと分かりやすいことだと思います。


そのため、もちろん
普段私が使っているZBrush,MODO,Fusion360(←これは、商用目的でなければ無料で使える)
に比べると、
不便だったり、不満な点が出てきます。

「なんでコレができないのかなぁ…」という。


講座では、
「けっこう簡単に使えるんだ!楽しい!」
と感じてもらえて、更に
「でも、どうしてこういう操作ができないんだろう…?」
「こういう機能を付けてくれたら、もっと形をよくできるのに…」
と思ってもらえたら、御の字かな。

(いや、べつに、有料ソフトを売りつけたい訳ではないよ)


3DCGソフトというのは、
ほんとうに、とっつきにくい印象を持つ人が多いみたいで
自分は理系ではないので、や、自分は不器用なので、と前置きして
来られる方がけっこう多いです。
ただ
ZBrush(有料版)や、他のハイスペック3DCGソフトを開いて
「うぅっ…画面複雑すぎる、自分にはムリ」
「画面の直方体ひとつ動かすのもできひんやん、何なのコレ…」
ていう戸惑いや、苛立ちは、
戸惑いや苛立ちを与えることが目的なのではなく、
上の無料ソフトのような、簡易3DCGソフトではできないことを、
できるように、できるように、一つずつ改良改良されてきた結果の
産物なのでね。

なんかフィギュア作ってみたい!
て言ってる人に、
粘土パテへらシリコンレジンやすりニッパーその他臭い溶剤などもろもろ…の
ガチの部屋に案内したら、引いてしまうよね…。

作りたい人には、シンプルに粘土とヘラを渡してあげればよいわけで。

その人に、もっと造形をよくしたい!という気持ちがあれば
工具やらは自然にそろっていくわけで。

まずはシンプルな道具から始めて

不満、→ どの道具使えば解消できる?

てうプロセスで行けば

3DCGや3Dプリンターの世界も、興味を持ってもらえるのかなぁ〜?、なんて思っています。


9月に、同じく阪急富田教室で
大人向けの講座をしてみませんか?という話をいただいており、
現在それに向けて企画を練っているところです。

「3DBuileder縛り」は、なかなか難しいけどね…
ZBrushの超簡易、無料版ソフト「ZBrushCoreMini」も出たことだし、
これと併用すれば、結構なかなか複雑な形状もできるのではないかと考え中。。

チューリップ.jpg


チューリップ
花びら、葉っぱを「ZBrushCoreMini」で造形し、
それを3DBuilderにインポートして、花びらや葉っぱを複製したり
形を整えたりして、完成



マスク0629_3.jpg


マスク0629.jpg

マスク0629_2.jpg

3Dプリンターマスク
(マスク用ゴムを通し、中にフィルターを貼って使う)

これは3DBuilderのみで造形してみた。
もっと
顔に沿う流線型にしたいけれど
カクカクしてしまうのは、しょうがないですね。


造形をよくすることに拘りすぎると
当初の目的「とにかく楽しんでもらう!」から離れてしまうし、
講座では、どれくらいの完成を目指すのかが、難しいです。



















posted by ひふみ at 11:23| Comment(0) | 日記