2020年05月28日

今度は飛影を…

こんにちは


5月ももうすぐ終わりますね。

はぁ〜…
ワンフェス2020秋が通常通り開催予定だったら、今頃は
本申請に向けて
セーラーマーズとコーアンを必死でモデリングしてたんだろうなぁ…。

すごく意気込んでいたので、
その熱をどこへ向けてよいのかわからず。

この一週間は
好きな男性キャラをつくるシリーズそのA
深夜にせっせと「飛影」をモデリングしていました。

hiei3.jpg


hiei1.jpg


飛影は18巻が好きだなー。

時雨戦の飛影を、できるだけ再現できたらと思います。

何度も読んだシーンだけど
細かい部分が分からない。
膝の向き、肘の向き、刀の向き…「?」が多いこのポージング。
剣術の動画とか、男性の筋トレ動画とか色々見て補ってるけど、わかんないなー。

漫画の中の「バトル」は
私にとっては物語が展開していく中での一部分であって…
あっさり流してしまっていたように思う。理解が浅い。

でも「バトル」こそが最大の見どころ、食い入るように「バトル」を楽しんでいた人が
求めるフィギュアも多いわけで。

疾走感や動き、力強さを感じるフィギュアも
造れたほうがいいな、と思うんですよね。






















posted by ひふみ at 00:30| Comment(0) | 日記

2020年05月18日

5月16日(土)の講座は、初のオンライン開催

こんにちは

おとつい、5月16日(土)は
オンラインZBrush講座でした。

参加してくださった2名さま、ありがとうございます。

もともとは、いつもの京都YLABでの講習予定だったのですが
コロナの状況、特に緊急事態宣言下ということもあり
オンラインに変更させていただきました。

YLABさんと5月上旬に行った通信テストは
はじめ、なかなか上手くいかなくて…
GoogleHungoutとかZoomとか、色々試しても
途中でしょっちゅう画面が固まったり、もうコレは無理かと…思っていたのですが
GoogleMeetという環境をYLABさんが見つけてくださり。

私の作業画面を、参加者さんに表示させて講習を進め、
私からも、小さくですが、右側の一覧で全員の顔、作業画面が把握でき
しっかり見たいときは選択して大きく(参加者さんの作業画面を)見ることができる、
という
素晴らしい環境でした。

YLABさんありがとうございます。

初めての試み、部屋に一人ということで
すごく緊張して、滑舌が悪くなってしまいましたが…
参加してくれたお二人が、終了7時の時点で素晴らしい造形を見せてくれたのが
うれしかったです。(あ…画面スクリーンショットしとけばよかった)

次回はまだ決まっていないので
決定したらお知らせします。

オンライン講座、
やろうと思えば、なんとか、できるんですね。

これまで…遠くから参加してくださった方に申し訳ない気持ちです。

オンライン講座…こうやって、チャレンジしてみて、実際、できてみると
特に、ZBrushの作業画面を共有などどいう、高度なことにチャレンジしてみると
(できたのは私の力ではないが)
公立の小中学校で、一向にその話を聞かないことが
とても不思議に感じる。













posted by ひふみ at 09:00| Comment(0) | 日記

2020年05月11日

男性キャラに挑戦

こんにちは

今月は…
男性キャラに挑戦してみました。

幽遊白書の「蔵馬」です。

コミック最後のほう、黄泉に加わっているときのファッション
コートが良く似合ってて、好きなんです。
この格好のフィギュアって見たことないよな、と思い。

蔵馬ってカッコイイですよね。

この時期の蔵馬を、いつかモデリングしたいとずっと思ってました。

難しそうなベルト追加して
コートの皺を作りこんで
ポーズ再検討して…
納得できたら。
自分ちの3Dプリンターで立体化したいです。

幽白とか、ジャンプ系は、作ってもワンフェスとかイベントに出せないんですよね。
版権が降りない。
なので、お金になることがないので、モデリング対象外だったのですが

今回のコロナ騒動。
いつ死ぬかとか分からないなー、と思ってたら
作りたいキャラクターは、作れるうちに作りたいうちに作っといたほうが絶対いい!と思った。
売ることができなくても
自分で色塗って自宅に飾れたら、それがいい。

やっぱり手元に原作無いとだめだなーと思って
19巻セットAmazonで注文したの、明後日とどくの楽しみ。

「完全版」もあって迷ったけど、従来のにした。
背表紙の迷彩柄が素敵ですよね。
子供のとき両親に買ってもらえなかった漫画だったため
漫画を持ってる人を見かけると、すごく羨ましかった。

覚えているのが、電車の中で
ぱっと見て「幽白だ!」てわかる迷彩のカバーこっちに向けて、食い入って読んでるお兄さんの姿。
その横で、買い物袋抱えてる中年のおばさん。

「お兄さん!その中身どんなん?」ていう気持ちと
「おばさんで、コレ読んでる人って見たことないなー。。
大人になったら、子どもを産んだりしてたら、これを楽しいって思わなくなるのかな、
少年漫画でワクワクしたり、しなくなるのかな」
と寂しく感じたことを覚えている。

おばさんになった今
特に変わりはなかったわ(笑)
好きな漫画は好きなまま。


kurama1.jpg
posted by ひふみ at 01:23| Comment(0) | 日記