2020年07月24日

久しぶりのNOVA3D

Hi
I,m making Hiei Figure(by YuYuhakusyo)!
3D data by ZBrush.
Now I,m printing.
My 3D Printer work well.
謝謝NOVA3D(3D printer)!


こんにちは

自宅の作業場の3Dプリンター用机には、
久しぶりにNOVA3Dが置かれています。

趣味でモデリングをしていた「飛影」を、
月火水、3日間かけてNOVA3Dで出力していました。

月曜日、久しぶり(3カ月ぶり位)に出力開始したら、
すんごい音でファンが回ってて、びっくりしたよ…。
自分が汗だくになってることに気づいて、冷房入れたら落ち着いた。
室温30度以上だと、爆音でファンが回るみたい。
「夏場の出力は冷房を付けて」またひとつルールを覚えました。

で、出力した飛影なんだけど…

IMG_0354.JPG

IMG_0355.JPG

IMG_0356.JPG

やっぱり光造形の表面キレイ!

この髪の毛がはじめからこのクオリティで出てくるとか感動!
この髪を量産できるというのは、3Dプリンターの醍醐味ではないでしょうか?
このツンツンの髪たちを、ツンツンさや、根本からのバラバラ感を保ったまま「型」で量産というのは、
大変な感じがするもんね…。

昔は、造形物の脆さや、独特のサポートの付き方に慣れず、
サポートを剥がす過程でせっかくの出力物を破損してしまう事が多かったんだけど
経験かな?
なるべく目立たない位置にサポートがつくように…とか、
この大事な面が綺麗に出るためには、もう少し回転して配置…とか、
後で失敗しないための術も色々と身についているので、
ここまでは!大規模な損傷無しでパーツを取り出せています。

首と胴体とのダボ、胴体と右手とのダボは、失敗していたので
軸入れて繋ぐとか、なにか考えないと…
顔が、斜めから見て頬がこけてるようなので
もう少しだけふんわり手作業で直したいです。
あとは…
このサイズ感で良かったのかな?というのが悩むところ。
意外とずっしりと重たく(特に下半身…黒塗ったら引き締まる?)
見た目にもう少し「軽さ」がほしいなー…
身長140センチ位のつもりで作ったけど、
120〜130センチ位が正しいのかな(^o^;)?

でも、自宅にフツーに飛影が居るとかちょっと…ドキドキする…!
とくに用事なくても一日に何回か様子確認しに行ってしまうわー!

台座が、ちょっと奥行の長さが
うちの2台では、出力できないサイズなので、
加工して、出力して、
仮の状態でも立ってる姿が早く見たいです!

200720hiei配置.jpg

200722hiei配置.jpg

パーツはこんな感じで、複数配置してます。

サポートの違い.jpg

自動でサポートつけるのに、
[Auto generate]と
[Add support array]
がありますが、

重たいパーツは、
[Add support array]モードの方が、安心です。

私は、飛影の下半身をはじめ[Auto generate]で出力したところ
重みでサポートがゆがみ、そこから出力物に変な段差が生まれ、使えないパーツとなっていました。
(いちばんレジン量消費するパーツなのに…)

ご参考までに。






posted by ひふみ at 09:46| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: