2020年02月27日

大阪府民として

北海道でのコロナウィルス感染者増。
鈴木知事は、小中学校の休校の判断をされた。
さらっとニュースの表層を見れば、
日本国内では最も北海道が深刻で危ないということだろう。

私はそうは思わない。

大阪府!今私が住んでる大阪府…!
ちゃんと検査してる?
ちゃんと検査して、正しい感染者数が出れば
大阪府だって休校措置が取られる。
まだ感染者数が1なので、続いていく
「見かけ上平和な日常」
…耐えられない。

今日のニュース、大阪府で再陽性がでた女性の方。
この方は、一度回復されたあと
のどの違和感と胸の痛みを感じ、
昨日、再陽性が確認されるまで3回も受診しなければいけなかった。

この人の行動履歴しかわからないが、
自分が元陽性であったことを、かくしていたとは思えないのだが。
自分が元陽性であったから、体調不良になってから
責任感も伴ってクリニックを転々として訴え、ようやく検査にこぎつけたのではないか。

今週、検査難民という言葉が生まれた。
医師が検査が必要と判断した人が、検査に至らない。
との医師の告発。
これは、医療ではない。
私の目に、病院は、病院と書いてある建物にしか見えなくなった。

今まで、政治不信はあっても、医療不信はなかった。
むしろ、薬のもったいない処方(風邪薬だけでなく、ビタミン剤、整腸剤、座薬…)
について、どうなんかなぁ?と思っていたところだ。
それが、今回の手のひら返し。

「持病をもつ方や高齢者でなければ重症化しない」
「致死率は、年齢が高いほど高い(80代では14.8%)」
「37.5度の発熱が4日以上続くようなら、相談センターにご相談ください
(その時点で相談して、病院をたらい回しにされてやっと検査に至るなら、陽性確定の時点で
かなりダメージを負っているはず)」
との連日の報道。

日本に80代の高齢者は多い。
その高齢の方たちが家でじっと耐えて、やっと電話し、
タクシーを呼んで病院に行き、検査を断られ、自宅に帰り、
また別の病院に行き…
適切な手当てが与えられずに
自宅で、または移動中に、ばたっと亡くなられる方、増えるのではないか?

また、別のニュースでは
小学生の息子さんを抱えたお母さんが、
息子さんの高熱が10日間、肺炎症状があっても検査が受けられないと嘆く。

このニュースを見て、
もっと数週間前、コロナが他国の、他人事であったことのニュースを思い出したのだ。

「武漢では、中国では、今パニックになっています」
「監視カメラに写っている女性が、ツバを吐きかけました」
「これは…どういうことでしょうね?」

この女性の目的は、何なのだろう?と私も思って
この動画だけでは、本当の心のうちはわからないのだが

ツバを吐きかけたくなる気持ちには、今週ストンと腑におちてしまった。

私が、肺炎症状の子どもを抱えて病院を転々とし
検査拒否を繰り返されたら、衝動的に
「ここでツバ吐いて帰れ!」と子どもに命令しかねない。

検査してほしい。
大阪府の検査数、2月23日、13人、2月24日、3人、2月25日、11人。
そうなんだね。肺炎症状の患者さん、一日にもっと来るはずよね。
じゃあ肺炎に至っても、検査は受けられないんだね。
検査できないなら、検査キットが足りない窮状を訴えてほしい。

私は年末まで大阪の日本橋に勤務していたよ。
中国人観光客をかきわけるように、かきわけるようにして職場まで歩いた。
本当にあそこは観光客が多いの。
あのあたりだったり、空港は、スポットで調査してほしい!

私は、今在宅に切り替えてもらい、通勤免れてる。
でも、大切な同僚は、日本橋に勤務して、今も働いて、
そこから業務連絡をくれる。
このウィルスは付着力が高く、金属だったら10日以上付着しているとか。

だったら、調べてよっ…!

ちゃんと調べないと、何も分からないよ。

大阪と関係ない話だけど
マスコミで、韓国より日本のほうが検査数が少ない、という事を報じるとき、
棒グラフの大きさを同じにするの、止めてほしい。
韓国の検査数の日報と、国内の検査数の日報を出すとき、
なんで10倍以上数字違っているのに、棒グラフの大きさはだいたい同じにして
横に数字かくの?
視覚的にごまかすの、やめて。

見かけ上平和な日常をやめるところから、効果的な対策は始まると思うんだ。




posted by ひふみ at 13:40| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: